生まれ変わる

なる方法

How To Be Born Again - Audio

新生する方法  

天国か地獄–私たちの選択

ほとんどの人は、聖書が全人類の魂のために二つの永遠の運命を教えていることを知っています。天国か地獄。天国はイエスが王である素晴らしい場所であり、私たちの当時の不滅の体には痛みや苦しみがなく、私たちは永遠に生きます。

地獄は苦痛、火、そして縁石の場所です–そこに入ると、二度と離れることはありません。私たちが天国に入り、地獄に行かないようにするための今日の私たちの唯一の救いの計画は、「新生」と呼ばれる計画です。イエス・キリストは、3日目に十字架につけられ、埋葬され、復活したときに、カルバリーでこの計画を書きました。私たちが神の救いの計画に従うかどうかは、完全に個人としての私たち次第です。私の牧師がいつも言っていたように、「それはあなたの手にあります!」

「新生」とはどういう意味ですか?

イエスは、人が 新たに生まれる以外は、神の国を見ることも、神の国に入ることもできないと教えられました。 (ヨハネ3:3-5 )。私たちが救われ、天国に行き、神の国を見たいのなら、イエスが言われたように、私たちが「新たに生まれる」ことが不可欠です。

しかし、それは正確にはどういう意味ですか?

ニコデマスはヨハネによる福音書第3章4節で同じ質問をしました。彼は二度目に母親の子宮に入り、生まれることができますか?」

イエスは5節と6節でこう答えました。「…まことに、まことに、わたしはあなたに言います。 水と御霊から生まれる人を除いて、神の国に入ることはできません。肉から生まれるのは肉です。そして、スピリットから生まれるのはスピリットです。」

イエスは基本的にこう言われました。「私はあなたの魂を救うことができる自然な(または肉体的な)出産について話しているのではありません。私はあなたの魂を救うことができる霊的な誕生について話している。この「新生」(「新生」)には、水要素(水のバプテスマ)と霊要素(聖霊の満たし)が含まれています。これが本当に救いの計画の一部であるならば、教会が最初に生まれた使徒言行録でそれが説教されているのを見ることを期待すべきです。

驚くべきことに、使徒言行録全体を通して、この水のバプテスマと聖霊の「新生」が見られます。

イエスが昇天した時、弟子たちはエルサレムで聖霊の約束を待つように言われました。 –使徒1:4-5イエスは彼らに、彼らが聖霊を受けた後、彼らは高い所から力を与えられるであろうと言われました。 –使徒1:8

弟子たちの多くは、イエスが言われたように、ペンテコステの日までエルサレムで待っていました。そして、イエスが預言されたように、高いところからの力が落ち始めました。

使徒2:1-4は宣言します、そしてペンテコステの日が完全に来たとき、彼らはすべて一箇所で一つの一致を持っていました。そして突然、強風が吹くように天から音がして、彼らが座っていた家全体がそれでいっぱいになりました。そして彼らには火のように異言が現れ、それは彼らのそれぞれの上に座った。そして、彼らは皆、聖霊に満たされ、霊が彼らに発話を与えたので、他の言語で話し始めました[意味=彼らは新しい学習の言語で話しました-奇跡的に]。

イスラエルの人々は、これらの弟子たちが異言で話すのを聞いたとき、「これはどういう意味ですか」と尋ねました。 –使徒2:12彼らは奇跡が起こっていることを知っていましたが、なぜですか?その目的は何でしたか?

それからペテロは立ち上がり、イエス・キリストが目的であると彼らに説教しました!ペテロはとても力強く説教したので、その信念は多くの心にかかっていました。イエスがペテロに王国の鍵(または「救いの計画」)を与えた理由は、今では完全に理にかなっています。主は、ペンテコステの日に、彼が救いのメッセージを説教する最初の人になることを知っていたからです。それはペンテコステでピーターを聞いた多くのユダヤ人が彼を信じ、彼は説教イエス・キリストを信じていること、テキストを読んでから明らかです。その後、彼らは使徒行伝第2章37節でペテロに「私たちは何をしようか」と尋ねました。

人が信じて、救われることを切望していない限り、彼らは救いの次のステップが彼らに明らかにされることを求めません!ピーターは彼らの信仰と誠実さを、知覚可能性があるため、彼は彼らに説教を続けて-イエスが預言したことが 生まれアゲインという同じメッセージが来るでしょう。 (水のバプテスマ、そして聖霊の満たし)。

2:38使徒「するとペテロは悔い改め、彼らに言った罪の赦しのためにイエス・キリストの名において、あなたの一人一人が 洗礼を受けたことがあなたがたは 聖霊の賜物を受けるであろう。」これは明らかに、水と御霊の「 新生」であることを構成します。

この救いの計画は誰が利用できますか?ピーターは続けながら、この質問に答えました。

使徒2:39 「約束はあなたとあなたの子供たち、そして遠く離れたすべての人々にあります。私たちの神、主が呼ばれるのと同じくらい多くの人に約束があります。」神は今日も人々を彼の王国に呼びかけているので、救いのメッセージ、そしてそれは天国に入る計画です-変わっていません!このため、「永遠の福音」と呼ばれています。

聖書は、人類すべてを、ユダヤ人、サマリア人(ユダヤ人の半分)、またはジェンタイル(地球上の他のすべての人)の3つの異なるカテゴリーに分類しています。 使徒言行録には、3つのカテゴリーすべてが「新生」である例があります。したがって、イエス・キリストによって書かれた救いの計画は、それを望むすべての人にとって同じです。イエスは、「…だれでも、彼に命の水を自由に飲ませてください」と言われました。 – 黙示録22:17

使徒行伝第8章14-17節にも同じ「 新生」(水のバプテスマと聖霊)の救いの計画があります。「エルサレムにいた使徒たちは、 サマリアが神の言葉を受け取ったと聞いたとき、ペテロとヨハネ:彼らが降りてきたとき、彼らが聖霊を受けることができるように彼らのために祈った人:(まだ彼は彼らの誰にも倒れませんでした:彼らだけが主イエスの名によってバプテスマを受けました。)そして彼らを置きました彼らは彼らに手を差し伸べ、彼らは聖霊を受けました。」

再び、 使徒行伝第10章44-48節に 同じ「新生」(水のバプテスマと聖霊)の救いの計画が見られます。「ペテロはまだこれらの言葉を語っていますが、聖霊はその言葉を聞いたすべての人に降りかかりました。そして、ペテロと一緒に来たのと同じくらい多くの人が驚いたと信じていた割礼の人々は、 異邦人にも聖霊の賜物が注がれたからです。 [彼らはどうやって聖霊を受けたことを知ったのですか? ]彼らは彼らが異言で話し、神を拡大するのを聞いたからです。それからペテロに答えました、「私たちと同じように聖霊を受けたこれらの人はバプテスマを受けてはならない、だれでも水を禁じることができますか」。そして 彼は彼らに主の名によってバプテスマを授けるように命じました。それから彼らに彼が特定の日を過ごすように祈った。」

アポロがコリント、 ポールであったが、あること 、1-6「そして、それは渡ることを来た 繰り返しますが、私たちは同じ「 ボーンアゲイン」(水のバプテスマと聖霊) 行為19で救いの計画を参照してください 上側の海岸を通過エフェソスに来た:そして特定の弟子たちを見つけ、彼は、あなたがたは信じたあなたがたは、[後、または] SINCE聖霊を受けて、彼らに言いましたか [このテキストから明らかなように、イエスを単に「信じる」という点で聖霊を受けないのです]そして彼らは彼に言った、「聖霊がいるかどうかは聞いたことがない。彼は彼らに言った、「あなたがたは何にバプテスマを授けられたのですか」。そして彼らは言った、「ヨハネのバプテスマに。それからパウロは言った、ヨハネは悔い改めのバプテスマで本当にバプテスマを授け、人々に言った、彼らは彼の後に来る彼、すなわちキリスト・イエスを信じるべきだと言った。 これを聞いたとき、彼らは主イエスの名によってバプテスマを受けました。そして、パウロが彼らに手を置いたとき、聖霊が彼らの上に来ました。そして彼らは舌で話し、預言した。」

あなたはテーマを見ていますか-ここ使徒言行録にありますか?

あなたがユダヤ人(使徒2)、サマリア人(使徒8)、または異邦人(使徒10)であるかどうか=すべてが同じ方法で救われ、および/または「新生」されました。彼らは皆、自分の罪を信じて悔い改めるために必要で明白な最初の一歩を踏み出しました(今日多くの人がしているように)。しかし、彼らもそこで止まりませんでした!彼らは続けました-救いの計画のすべてに従うために。彼らは、(水の、と御霊の) 生まれアゲインました。イエス・キリストの名によってバプテスマを受け、他の異言で話すことによって証明される聖霊を受けることによって。 (使徒19:1-6で)教えられた パウロでさえ、救いの計画として、そして「新生」のメッセージとして、他の異言で話すことによって証明される、イエスの名前のバプテスマと聖霊の満たしです!

私がしなければならなかったのは(救われるために)信じるだけだと思いましたか?

人々はしばしば聖書の一節を文脈から外し、それを中心に教義全体を構築します。 しかし、イエスはマタイ28:20で私たちに「すべてのものを観察する」ように指示されました!

私たちがしなければならなかったのが救われるために「信じる」ことだけだったとしたら、悪魔も救われて天国に行くでしょう。なぜなら、 ヤコブ2:19は、次のようにはっきりと述べています。あなたはうまくやっています。 悪魔も信じて震えています。」

明らかに、悪魔は天国に行くつもりはありません。したがって、「信じる」だけが救いの計画全体ではないことが明らかになります。

聖書の一節だけで-救われるには、単に「信じる」以上のことが必要であることを証明しています!

マルコ16:16は、「 信じてバプテスマを受けた者は救われる…」と述べています。

うわー! 「ただ信じる」だけで止まったらどうなるでしょう。読んでいませんが、その水のバプテスマは私たちの救いに不可欠です。誠実な心なら誰でも見ることができます-そのような明確な聖書の啓示。

私たちの救いと比較して、バプテスマの重要性をもっと証明したいですか?

ペトロの手紙一3:21 「バプテスマでさえ今や私たちを救うような姿…」

これよりも明確にできますか?私はそうは思わない。

文脈から外れることが多いいくつかの詩:

聖書の中で最も誤って引用経典の一つは、 ヨハネ3:16「神のためには、そう誰でも信じる彼に、SHOULD滅びるが、人生を永遠持ってないように、彼は彼の独り子をお与えになったほどに、世を愛され。」されます

多くの人がこの節のこの部分を「 滅びない」と誤解していますが、それはこの節が言っていることではありません。

べきではない滅びる」との言葉には大きな違いがあります「 わけではありません滅びるが。」 「すべきではない」という言葉は、あなたが信じることによって救いの旅を始めたことを意味しますが、その旅にはそれ以上のものがあることも意味します。それは、一人で信じることは旅の終わりではなく、むしろ始まりに過ぎないことを示唆しています。

使徒16:30-31 「そして彼らを連れ出し、言った、サーズ、救われるために私は何をしなければならないのですか?かれらは言った。「主イエス・キリストを信じ なさい。そうすれば、あなたは(「 あなたは救われた」のではなく)救われ、あなたの家は救われるでしょう。」

この聖句に立ち止まって、これを救いの計画全体と見なす人もいます。私たちはそれを「EasyBelieve-ism」と呼んでいます。しかし、この理論には非常に多くの問題があります。まず、ストーリーを読み終える必要があります(完全ではなかったため)。

使徒16:32-33は続けて言った、「 彼らは彼に主の言葉を語り、彼の家にいたすべての人に語った。そして彼は彼らを夜の同じ時間に連れて行き、彼らの縞模様を洗った。そして バプテスマを受けました、彼と彼のすべての人はまっすぐに。」

注意:弟子たちは決してこの家族に、 救われるためにあなたがしなければならないことはすべて「信じる」ことだと言ったことはありません。むしろ、「信じる」ことがこの救いの計画の始まりであると彼らに言われました。彼らは「信じる」と言うことだけにとどまらなかったので、 これは32節で証明されています。むしろ、彼らは彼らに「 主の言葉」を説教し続けました。この「主の言葉」には間違いなく「新生」のメッセージが含まれていました。その同じ夜、この家族全員がバプテスマを受けたからです。

別の誤解された詩

ローマ人への手紙第10章9節「もしあなたがあなたの口で主イエスを告白し、神が彼を死からよみがえらせたとあなたの心を信じるなら、あなたは救われるでしょう。」

この聖句を読んだ後、「救い」はただの口の告白であり、心を信じているように見えます。しかし、この理論が正しいことを確認するために、別の数節を読む必要があります。

マタイ7:21 「 『主よ、主よ』と私に言うすべての人が天国に入るわけではありません。しかし、天国にいる私の父の意志を行う者。」

使徒8:13 「それからシモン自身も信じました。バプテスマを受けたとき、彼はフィリップを続け、行われた奇跡としるしを見て疑問に思いました。

使徒8:18-23 「そして、シモンは使徒たちの手を置くことによって聖霊が与えられたことを見て、彼らにお金をささげた。聖霊。しかしペテロは彼に言った、「あなたは神の賜物がお金で買われるかもしれないと思ったので、あなたのお金はあなたと共に滅びます。あなたはこの問題に部分も多くもありません。あなたの心は神の目に正しくないからです。わたしはあなたが苦しみの窮地にあり、不義のきずなにいると思います。」

マタイ7:21によると、イエスが自分たちの人生の「主」であると告白するすべての人が救われるわけではありません。 使徒8:13使徒8:18-23によると=主イエス・キリストを「信じる」ことは可能であり、それでも不法のきずなにあります。ご列席の皆様、もしあなたが不法の絆にあるなら、あなたは救われません!

これらの聖句をどのように調和させるのでしょうか。

聖書はそれ自体と矛盾していません。なぜなら、それ自体に対して分割された王国は立ってはならないからです。では、これらの一見異なる節はどのように理解されるのでしょうか?主イエス・キリストが救われることを信じなければならないことは明らかです(そうでなければ、私たちは主イエス・キリストとこれ以上行くことはありません)。イエス・キリストを私たちの人生の主として告白すべきであることは明らかです(私たちはイエスを恥じるべきではないからです)。

しかし、私たちが天国に入ろうとするなら、イエスの言葉が効力を持っていることも明らかです。私たちは(水と精神の両方で)新たに 生まれなければなりません。私たちは単に信じて告白することだけにとどまることはできません。また、(サイモンのように)信じてバプテスマをやめることもできません。聖霊に満たされるために、私たちは続けなければなりません!

これは、イエスが真の「信者」について言われたことと一致しています。真の「信者」であるかどうかを証明できる聖書のしるしがあったらいいのではないでしょうか。

がある!人々は「信者」という言葉を聞き、その定義は単に「イエス・キリストを救い主として信じる者」であると考えることができます。しかし、聖書が「信者」を定義できるようにしましょう!

イエスはヨハネ7:38-39でこう言われました。「聖書が言っているように、わたしを信じる者は、その腹から生きた水の川を流れ出るでしょう。 (しかし、これは彼を信じる人々が受け取るべき霊の彼を語った。聖霊はまだ与えられていなかったからである。それはイエスがまだ栄光を与えられていなかったからである。)」

注:聖書は「信者」を聖霊を受ける者として定義しています。

間違った仮定

私たちが主を「信じる」とき、私たちが聖霊を受けると考える人もいます。しかし、聖書は、聖霊を受ける人のしるしは、他の異言で話すことによって証明されると教えています(使徒10:44-48使徒2:1-4マルコ16:17イザ28:11-12を参照)。 。

使徒19:2で、パウロは特定の弟子たちに、「あなたがたは信じた後(または後)に聖霊を受けましたか」と尋ねました。そして彼らは彼に言った、「聖霊がいるかどうかは聞いたことがありません。」明らかに、これらの弟子たちは主を「信じた」が、まだ聖霊を受けていなかった。ですから、聖霊を受けるしるしは、単に「信じる」ことではあり得ませんでした。

「信じる」ときに聖霊に満たされなかったことのさらなる証拠は、 使徒行伝第8章5-17節にある記述です。フィリップはサマリアで大きなリバイバルをしました、彼は彼らにキリストを説教しました、人々は注意を払いました、12節は確認します-彼らは神の国に関するフィリップの説教を信じました、彼らはまたフィリップが奇跡を行うのを見ました、悪魔は追い出されました、足の不自由な人は癒されました人々は主イエスの名によってバプテスマを授けられ、町には大きな喜びさえありました。

まだ–ピーターとジョンは、特に、聖霊を受けるためにそこに送られました。これらの素晴らしいことがすべて起こったとしても、彼らはまだ聖霊を受けていなかったからです。

ピーターとジョンが彼らに手を置いたとき、彼らはついに聖霊を受け、間違いなく異言で話しました(その奇跡を見て、サイモンは手を置いて同じことをすることができるようにお金を提供しました)。誰かが心の中で主を個人的な救い主として静かに受け入れることについて、(魔術師にとって)魅了されるものは何もありません。しかし、異言で話す。それは、目に見えて聞こえる奇跡です。

使徒2:33はさらに、聖霊はそれを受け取ったときに見たり聞いたりすることができる出来事であることを証明しています。使徒2:33は、「…父から聖霊の約束を受けたので、彼はこれを捨てました。あなたがたは今、それを見て、聞いています」と述べています。

それに直面しよう;個人的な救い主として「信じる」か静かに「主を心に受け入れる」ことを選んだとき、誰も何も「見る」ことも「聞く」こともありません。信じて主を受け入れるという決断を下すのは本当に素晴らしいことです。しかし、聖書的には、それは聖霊を受けたという証拠ではありません。

多くの人が以前、「聖霊を受けたことをどうやって知ったのですか」と尋ねられました。答えはさまざまですが、多くの場合、次のように聞こえます。「内側が気分が良かったので、受け取ったことはわかっています。」いいですね。しかし、妻が私に夕食を作ってくれるとき、私はしばしば内側も気分が良くなります(そしてそれが聖霊だったとはまったく思いません)。ご列席の皆様-私たちの考えや男性の伝統に従うのではなく、ガイドとして聖書に固執しましょう。

マルコ16:17-18は宣言します、そしてこれらのしるしは信じる者に従うでしょう。私の名において、彼らは悪魔を追い出します。 彼らは新しい異言[または、新しい未学習の言語]で話すものとします。彼らは蛇を取り上げる[または、悪魔の要塞を根こそぎにする]。そして、彼らが致命的なものを飲んだとしても、それは彼らを傷つけてはならない[もちろん偶然に]。彼らは病人に手を置き、回復します[または、奇跡と癒しの賜物で働きます]。

今=「しるしを求めているのは邪悪で邪悪な世代です」(信じるために)。しかし、私たちはまったく兆候に従っていません。むしろ、これらの兆候は私たちをフォローしています!これらの兆候はあなたに続いていますか?

上に挙げた節によると、イエスは「信者」を定義しているのではなく、単に彼を信じて告白する者として定義しています。しかし、舌で話し、悪魔を追い出し、悪魔の要塞を根こそぎにし、時には奇跡的に保護され、霊の賜物が彼らの人生を通して機能することを可能にするもの。

私たちが信仰だけで救われると主張する人もいます。ええと、真実は、私たちが信仰によって救われているとしても、真の信仰は常に信じる人々の側に行動を起こすということです。

ヤコブ2:14-22を考えてみてください。信仰は彼を救うことができますか?もし兄弟姉妹が裸で、毎日の食事が不足しているなら、あなたがたのうちの一人が彼らに言った、「安心して出発しなさい。あなたがたは暖かく満たされなさい。それにもかかわらず、あなたがたは彼らに体に必要なものを与えないでください。それは何の利益をもたらしますか?それでも、信仰がうまくいかなかったとしても、それは死んでいて、一人でいるのです。ええ、人は言うかもしれません、あなたは信仰を持っています、そして私は仕事を持っています:あなたの仕事なしであなたの信仰を私に示してください、そして私は私の仕事によってあなたに私の信仰を示します。あなたはただ一人の神がいると信じています。あなたはうまくいきます。悪魔も信じて震えます。しかし、あなたは、無駄な人よ、働きのない信仰が死んでいることを知っているだろうか?私たちの父アブラハムは、息子のイサクを祭壇の上にささげたとき、仕事によって義とされたのではありませんか。あなたは彼の作品でどのように信仰が築かれ、作品によって信仰が完全にされたかを見てください。」

私たちの「作品」は、私たちが天国に行くかどうかには関係ないと思うなら、 それから黙示録の第2章と第3章を読んで、イエス・キリスト(裁判官)が「あなたの働きを知っています」と言うのを何回聞いたか教えてください。どうやら、私たちが神の恵みによって救われたとしても、私たちの働きは神にとって非常に重要であり、天国を私たちの永遠の家にするかどうかに明らかに役割を果たしています。繰り返しますが、私たちは仕事によって救われることはありません。私たちの作品は私たちを救わないかもしれませんが、彼らは私たちを救うことができます。仕事の欠如(私たちの父の仕事について忙しくすることを拒否する)は、神に対する私たちの側の愛と感謝の欠如をはっきりと示します。ありません、それは国連感謝の心を示したことはないだろう。そのような態度は確かに、神の目に、最初の愛を残した心の絵を描くでしょう。ですから、私たちが彼の救いの計画に従うとき、彼の憐れみと恵みは私たちを救います。そうすれば、単に「会衆席に座る」のではなく、神の国のために忙しくなることが期待されます。

あなたは福音を「信じる」が、福音を「従う」ことがありますか?

非常に多くの人々がイエス・キリストの福音を「信じる」のです。しかし、それは彼らが福音に「従った」という意味ではありません。違いさえあったことをご存知ですか?聖書は説明しています。

福音=は単にこれです:カルバリーについて-イエス・キリストは3つのことをしました:

  1. 彼は死んだ

  2. 彼は埋葬されました

  3. 彼は再び立ち上がった(3日目) -ICor。 15:1-4

今=レッツは 、IIテサロニケ1に与えられた警告読む 神を知らない彼らに復讐を取って火を燃えるで 」、8-9、およびそのOBEYないで、わたしたちの主イエス・キリストの福音:からの破壊を永遠に処します主の臨在…」

どうやら、福音を「信じる」ことは一つのことです。しかし、福音に「従う」という別のこともあります。福音に「従う」とは、単に福音を「行う」または「適用する」ことを意味します。では、どのようにして福音を「行う」か、福音を「適用する」のでしょうか。イエスは言われた、あなたの十字架を取り、私に従ってください。しかし、多くの人は彼が何を意味するのか理解していません。さて、イエスが十字架を背負ったとき、イエスは何をしましたか?これが私たちが彼に従う方法です!

  1. 彼は死んだ/だから私たちは悔い改めによって(霊的に)死ななければならない。パウロは言った、「私は毎日死ぬ(または悔い改める)」 –コリント人への第一の手紙第15章31節

2.彼は埋葬されました/それで私達はイエスの名によるバプテスマによって(霊的に)彼と共に埋葬されました。 –ローマ6:4使徒22:16 (バプテスマでは、文字通り「イエス」である主の名を呼び起こすことになっています)

3.彼は再び立ち上がった/それで私たちは(聖霊によって)生命の新しさの中で(霊的に)再び立ち上がる。 –ローマ6:4ローマ8:11

したがって、私たちが「私たちの十字架を取り、彼に従う」場合。そして、もし私たちが福音を私たちの生活に「従う」(または適用する)なら。 使徒2:38に従わなければならないことが明らかになります。

使徒2:38 「それからペテロは彼らに言った、「悔い改め(死に)、罪の赦しのためにイエス・キリストの名によってあなた方一人一人にバプテスマを授けなさい」。そうすれば、あなたがたは聖霊の賜物を受け取るであろう。または、あなたの内側でその復活の力を受け取ります。」

作品によって保存されていません

バプテスマと聖霊を受けることは仕事であると主張する人もいます。そして、あなたが知っているように、私たちは義の業によって救われることはありません。

しかし、 テトス3:5は、バプテスマと聖霊を受けることは「義の業」とは見なされないことを教えています。

テトス3:5 「私たちが行った義の業によってではなく、彼の憐れみに従って、彼は再生の洗浄[または水のバプテスマ]と聖霊の更新によって私たちを救いました。」

ご列席の皆様、それを回避する方法はありません。あなたがたは救われるために、(水と霊の)「新生」でなければなりません。それを実現するには、信じて告白する必要があります。しかし、それはまた、主イエス・キリストの名による水のバプテスマと、聖霊の満たしも必要とします。

使徒言行録第10章-コーネリアスは今日のほとんどのクリスチャンによって「救われた」と考えられていたでしょう。しかし、あなたの聖書はそれを別の見方で描いています。コーネリアスは敬虔な人であり、家のすべてで神を恐れ、多くの施しをし、頻繁に神に祈ったので、天使を祈り、彼の祈りは記念として神に臨んだと言われました。

彼はあなたに「救われた」ように聞こえますか?そうではありません。彼は誠実で、敬虔で敬虔な人でしたが、水(バプテスマ)と霊(聖霊の満たし)から「新たに生まれた」ことは一度もありませんでした。したがって、コーネリアスはピーターとリンクするように言われました、そして彼はあなたが何をすべきかをあなたに話します。 使徒10:44-48によると、コーネリアスはついに彼が探していた救いを見つけました!

十字架上の泥棒

多くの人々は、十字架上の泥棒( ルカ23:38-43 )が(使徒行伝のように)救われるために、なぜ悔い改め、イエスの名によってバプテスマを受け、聖霊を受ける必要がなかったのか疑問に思いました。しかし、イエスが死に、埋葬され、そして再び立ち上がるまで、救いの「新生」計画は完了しなかったことを認識しなければなりません。したがって、十字架上の泥棒は「教会時代」(すなわち、恵みの分配)で生きて死ぬことはありませんでした。教会時代はペンテコステの日まで生まれませんでした。したがって、泥棒は今日とは異なる方法で救われました。時間のすべての分配には、独自の救いの計画がありました。モーセの時代、「律法」は救いの道でした。ノアの時代には、箱舟だけが救うことができました。しかし、今日(「教会時代」、「恵みの分配」の間)、私たちの唯一の救いの希望は、イエス・キリストが言われたように、そして初期の教会が従ったように、水と霊の「新生」になることです!

結論

ご列席の皆様–人間が言うようにではなく、聖書が教えているように、あなたが新たに生まれることを確認することをお勧めします。多くの説教者は、だまされているか、単にあなたのお金が欲しいので、あなたが聞きたいことは何でもあなたに話します。しかし、予言のニュースで-私たちは、すべての人が新たに生まれ、イエス・キリストが戻ってきたときに会う準備ができているのを見たいだけです!愛してるよ!神はイエスの御名によってあなたを祝福してくださいます!

作成者: ブライアン・スミス牧師(予言ニュース)